経営トップメッセージ

「高品質な光」と「ソリューション」で 検査環境に革命を起こします。

當社は、創業以來「お客様に愛と感謝」を社是として掲げ、社名のCCS(シーシーエス)の由來であるCREATING CUSTOMER SATISFACTION(顧客満足の創造)を目的として、國內および海外で事業を展開しております。

當社は、いち早くLED(発光ダイオード)に著目し、これまで畫像処理用LED照明のリーディングカンパニーとして、様々な業界の生産現場に製品をお屆けしてまいりました。目視検査に代わる畫像処理による自動検査技術は、電子?半導體業界をはじめ、食品?醫薬品?化粧品業界、自動車業界など幅広い業界へと浸透、拡大しております。

當社の畫像処理用LED照明は、數々の特許を取得したコア技術をもとに開発?生産を行い、標準品およびカスタム品を合わせて製品のラインアップは4,400種類以上にのぼります。厳しい品質管理體制のもと生産を行っており、お客様からも高い信頼をいただいています。さらに、これまで蓄積した40,000件の撮像ノウハウを駆使して、見えないものを見えるようにする「ライティング技術」を提案できる點が當社の強みであり優位性です。今後もハード面である機構設計、放熱、実裝などのコア技術と、ソフト面である「ライティング技術」を組み合わせて世界中のお客様にとって最適なライティングを実現してまいります。

新規事業の展開としましては、顕微鏡用、美術館?博物館用、メディカル用など特異分野市場向けに、LED照明を商品化しております。これら商品は市場で高い評価を得て広く浸透し始めており、新たな事業の柱に育成していく所存です。さらにアグリバイオなど、その他の応用分野の研究開発も進めております。

今後は、オプテックスグループとの連攜?相互作用を最大限に活用して、革新的な「お客様に役立つソリューション」を創造し広く提供することで、世界中の製造業企業にとって「無くてはならないソリューションベンダー」としてのポジションを確立してまいります。

代表取締役社長 大西 浩之