経営理念

社是
お客様に愛と感謝

基本理念
光を科學し、社會に貢獻する

行動指針
すべてはお客様のために

  1. お客様目線に立ったマーケティングと製品企畫に徹します
  2. 先行技術開発で、必要とされる製品開発に即応できるようにします
  3. メーカーとしての誇りを持ち、モノづくりに徹底的に拘ります
  4. 安心と信頼と感動が詰まった製品をお客様に提供し続けます
  5. 規律ある中にも自由闊達な働き甲斐のある組織風土を造ります
  6. 社會?関連業界の動向を注視し、的確な社業発展の舵取りをします

當社は設立當初から「お客様に愛と感謝」を創業精神として掲げてきました。CCSという社名は、Creating Customer Satisfactionの略であり、お客様の満足を得るために企業活動を営むということを意味します。
お客様に喜んでいただける技術と製品をひたむきに追求し、それを具現化することで社會のお役に立ちたい――。

それがCCSの経営理念です。

さまざまな業界の生産現場では、より厳しい品質管理を実踐するため、目視検査に代わる自動検査技術として、畫像処理が活用されています。當社はお客様のご要望に応えながら製品開発を続け、畫像処理用LED照明分野で世界のトップ企業として、他の追隨を許さない圧倒的なノウハウと技術力を保持するに至っています。

畫像処理の成功の鍵を握るのが、安定した畫像を撮るためのライティング技術です。當社は、50,000件以上もの撮像データ、1,600種類以上の製品ラインアップとカスタム対応力を組み合わせ、撮像目的に合わせて最適な「ライティングソリューション」をお客様に提案しています。この「ライティングソリューション」を強みに、お客様のニーズに合った製品開発に徹底的に取り組み、トータルソリューションでお客様のご要望にお応えします。

當社は今後も「ライティングソリューション」と製品開発力を國內?海外のさまざまな生産現場に適応?発展させることで社會に貢獻していきます。さらに畫像処理用LED照明分野にとどまらず、光の技術を応用し、農業分野、醫療分野、商業分野など、新たなマーケットを創造することによって広く社會に貢獻していきます。

光を科學し、社會に貢獻するために――CCSは「すべてはお客様のために」を行動指針として置いて、これからも獨創の技術とノウハウで皆様にお応えします。

なお、私たちCCSは、2016年にオプテックスグループの一員となりました。
當社は、オプテックスグループの一員として、オプテックスグループ行動規範を遵守いたします。
行動規範は、こちらをご覧ください。