LED照明の上手な使い方

LED照明を長くお使いいただくためのポイントをご紹介いたします。

LEDの壽命は、高溫で使用すると短くなります

LED照明は、LEDが発熱することによって放射量が低下したり、LEDの劣化を早める性質があります(※ご使用の照明や周囲環境により狀態は異なります)

  • ①特に赤色LEDは、1℃上がると約1%放射量が低下します。(冷めると元の放射量に戻ります。)
  • ②高溫狀態で長時間ご使用になりますと、徐々にLEDが劣化し放射量が低下していきます。(冷めても元の放射量には戻りません。)

自熱による放射量の低下やLEDの劣化を防ぐには

電源の調光ボリュームをできるだけ下げて使用する

調光ボリュームを下げた狀態で使用すると、照明に流れる電流も少なく、発熱も低くなり、LEDの劣化を抑えることができます。目安としては、調光ボリュームの50%前後から使用を始め、照明の放射量の低下度合いに応じてボリュームを上げていくご使用方法をおすすめします。

ファンを取り付けたり、エアーを送ったりして放熱効果をよくする

ファンを取り付ける

ファンを取り付ける

エアーを送る

エアーを送る

熱伝導性のよいブラケットに取り付ける

熱伝導性のよいブラケットに取り付ける

畫像の取り込み時のみ點燈する

LED照明はスイッチングに強い照明です。ストロボ発光や外部信號入力により、畫像の取り込み時のみ點燈させることで、発熱を抑えられ放射量も安定し、長壽命が期待できます。


各種依頼?お問い合わせ

照明選定?畫像処理に関する技術的なご相談、製品の無償貸出、ワークのテストまで幅広く承ります。
メール?電話にてお気軽にお問い合わせください。オンライン面談も行っております。

各種依頼?お問い合わせ先一覧